libスタッフブログ

脂質

Personal GYM LIBです。

7月も残すところあと10日となりました
梅雨明けはいつ?🙄

天気も変わりやすいのでお出かけの際は十分気をつけくださいね!

本日は【脂質】についてお話ししたいと思います。

みなさんは三大栄養素のうちの1つでもある脂質についてどれくらいの事を知っていますか??

脂質は三大栄養素の中でも1gあたりのエネルギーが高く、9kcalあります。

その為、敬遠される傾向にありますが、身体に非常に重要な栄養素なんです👌

脂質を構成する脂肪酸には飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸があります。

多価不飽和脂肪酸の中にはn-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸があり、これら体内で合成することのできない必須脂肪酸といいます!

ちなみに、ごま油やオリーブオイルのような常温で液体のものを『油』
バター、マーガリンのように常温で個体のものを『脂』っていうんですよ🧐

脂質は主に体の細胞膜の成分、ホルモンの材料、皮下脂肪として臓器を保護したり、体を寒冷から守る働きがあります。

また脂溶性ビタミン(A・D・E・K)の吸収を促すなど重要な役割を担っています。

脂質が不足すると発育や皮膚の健康に影響が出てしまいます。

脂質を摂りすぎると、少量でも高エネルギーの為、肥満やメタボリックシンドローム、糖尿病の原因、冠動脈疾患のリスクが増加するなどが懸念されます。

なので、どのような栄養素も過剰摂取、不足は良くないということです😖

では、適当な摂取量はどのくらいなのでしょうか??

男性の場合
脂質は総カロリーの20%以上30%未満
飽和脂肪酸は総カロリーの7%以下
n-3系脂肪酸は
18〜29歳 2.0g 30〜49歳 2.1g 50〜69歳 2.4g
70歳以上 2.2g
n-6系脂肪酸は
18〜29歳 11g 30〜69歳 10g 70歳以上 8g

女性の場合
脂質は総カロリーの20%以上30%未満
飽和脂肪酸は総カロリーの7%以下
n-3系脂肪酸は
18〜49歳 1.6g 50〜69歳 2.0g 70歳以下 1.9g
n-6系脂肪酸は
18〜69歳 8g 70歳以下 7g

これが基準となります!

n-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸の量を日々コントロールするのは少々難しいかと思うので、脂質の量だけでも意識すると健康にいいですよ♪

さて、お次は体内で合成することのできないn-3系、n-6系脂肪酸についてです!

n系脂肪酸、特にn-3系脂肪酸はみなさんが聞いたことあるような健康に良いとされているドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EHA)が含まれています!!

そのn-系脂肪酸は動脈硬化の予防、血液中の中性脂肪を低下させるなど血液をサラサラにする効果があるんですよ💪

すごい効果だと思いませんか?😳

そんな身体に良いn系脂肪酸はどの食材でとれるのか説明していきます!

n系脂肪酸はニシン、マグロ、ブリ、サバ、イワシ、サケ、タラ等の魚介類とアブラナ(キャノーラ)、大豆、荏胡麻、亜麻、麻、ナッツ類(特にくるみ)に多く含まれていることが確認されています。

魚が身体に良いと言われるのはn系脂肪酸を多く含んでいるからなのですね😄

三大栄養素の【脂質】について少し知識が深まりましたか??

少しでも参考になれば幸いです😭😭

これからは良い脂質を摂ることを心がけて
より健康な生活を送っていきましょう!!

相談や少しでも気になる事がございましたら

気軽にDMもしくは

TEL:06-7713-0115まで連絡お待ちしております♪

今後ともLIBを宜しくお願い致します!

(電話対応は21:00までとなっております。ご了承下さいませ。)

大阪 松屋町 24時間 Personal GYM LIB

人生にバランスを